西院

ぼんやりまったり徒然日記。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
映画とドラマ。
珍しく、映画のDVD買いました。
「シャーロック・ホームズ」です。
ガイ・リッチーが監督のやつ。

前提として。
私はコナン・ドイルの熱狂的ファンではなく、
シャーロック・ホームズについても人並みな知識しかありません。
推理小説好きなので何作かは読んだことあるという、そのぐらい。

なので、シャーロキアンな人たちの評価はわかりませんが、
個人的にはそれなりに楽しめました。
が、尻切れ感がが、ね。
現在続編を作っているとのことなので、
続編前提のお話と思えば、これはありかなあ。

意外だったのは、
今までなんとも思ったことのないジュード・ロウを
「わーかっこいい、ワトソンv」と思ったこと。
流し目とか、卑怯だ(?)

メインキャストとして女性が二人出てくるのですが、
二人ともかわいくてよいです。
コケティッシュなかわいさと、押さえた女性の持つかわいらしさ。
出てくる女性陣が好みだと、ドラマでも映画でも楽しくていいね!



ドラマは、夏の新作が始まりましたね。
綾瀬はるかちゃんが好きなので、「ホタルノヒカリ2」見ようと思ってたんだけど、
2話逃したらなんだか気持ち抜けちゃって…まあいいかになっちゃってます。
一話目から逃さず見てるのは、意外なことに「うぬぼれ刑事」だけです。
中島美嘉ちゃんが出るのでみようかなーと、出だしはそこだったんだけど、
うぬぼれな男性陣がかわいくていいね。
美嘉ちゃんはもちろんかわいいのだけど、ゲスト女性陣がいいかんじです。
頭空っぽで見るといいと思う、難しいこと考えないで見られるドラマ。
「美丘」も、吉高ちゃん目当てで見てます。

もうちょっとしたら、オダジョーと栗山千明ちゃんのドラマが始まるので、それも楽しみ。

たくさん書きつつ、ワンクールで最後まで見てるドラマは
1本あるかないか(ないのかよ!)なんですが、
こんな私をも最後まで引きつけるドラマがあるといいな。


あ。そうそう。
意外なことにNHKのドラマ視聴は続いてます。
「悪魔くん」が復活するね!よかったね!とゲゲゲの女房見て思う。
あと、高杉晋作がかっこよすぎるのはどういうことかしら。
伊勢谷くんかっこいいなあ。
白州次郎のときに、すごく格好良くていいなあと思ったんだけど、
伊勢谷な晋作もいいなあ。

白州次郎また見よう、と。
録画したDVDどこにあるか探さないと!
| 22:06 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画:チーム・バチスタの栄光
少し前に、TVで見ました(最初の10分ぐらい見逃してますが)。


先日原作のシリーズを読んで、映画にも興味を持ち、
すでに販売されていたDVDのレビューを見に行ったのですが、

…いい感想あんまり無かったですね。

配役についても、「映画の方がいい」「TV版の方がいい」「どっちも駄目」と三者三様。



原作読んでからの感想を言わせて頂くと、
「肝心なところはしょられて、いろんないらないエピソード入ってる」
という印象。

原作になかったコミカルなところは、重くなりすぎないために必要なのかなと思わなくもないけど、個人的には原作の持ってるムードそのまんまで良かったんじゃないかなと。
あれじゃあ、田口が不定愁訴外来(通称愚痴外来)の先生である意味がなんにもないような。

やっぱり田口先生はくたびれ中年医師であって欲しかった(原作通り男性の方がいいけど、もう女性でもいい)てのと、ストーリーと時間配分がひっかかりました(そこ映画の一番大事なところでは)。

原作を知らずに見たら、これはこれとして納得出来る、と思う。
原作読んだ人でまだ見てない人は、阿部ちゃんの演技と、竹内さんのかわいらしさを楽しめばいいんじゃないかな。二人のファンなら飽きずに見られると思います。

映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、予告見る限り「ナイチンゲールの沈黙」のエピソードは全カットっぽいっすね(泣)。
こちらも原作読んでから見ると「うーん」な作品になるのかしら。
| 13:19 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
時をかける少女
DVDを買おうかな〜と迷っていた映画です。
昨晩地上波で放送されていたので見ました。


原作から20年後の設定とのことなのですが、「時をかける少女」はやっぱり「時をかける少女」でした。

おもしろかったです。


DVD買おうっと。
| 14:48 | 映画 | comments(2) | trackbacks(0) |
また中途半端。
ブレイブストーリーを、最初5分、後半40分ぐらい見ました。
(お使いを頼まれたので…ね。その間外出してました)

そんな適当な見方をしてしまったので、
ストーリー展開については何も言えません…。


なので、断片的な感想(というか、覚書)。

大泉とウエンツの声がアニメで浮いちゃわないか気になってたんだけど、
思ってたより違和感がなかったですね。
大泉の声は大泉以外の何者でもなかったんだけど(笑)、ありじゃないかな?

主人公の松さんも、少年の声としてあまり違和感がなかった。
ただ、ちょっと目を離したときに後ろから聞こえてくる声は、
…やっぱり女性の声だわって思いました。
実際女性だしね(笑)。

公開当時は、絵柄的に自分は駄目っぽいと思っていたのと、
宮部さんのファンタジーってどうなの?と本も読んでいなかったので、
あまり興味がなかったのですが、絵は、そう駄目でもなかった。

昨日の「エミリー・ローズ」もだけど、
これも一度通しで見てみたいと思います。


どうやら、映画を見たい時期みたいですよ。わたし。←人事か!
このタイミングに、買ったまま見ていない映画DVDをまとめて見ようかなあ。
| 01:16 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんな夜中に。
真っ暗闇の中で一人、「エミリー・ローズ」を見ています。
以前から見たいと思っていた映画だったのですが、
気付いた時には1時間ぐらい経ってました(泣)。


でも、見る。←見たかったんだもの…。


映画が公開される前の予告は、ホラー映画っぽくて、
当初興味がなかったんだけど(ホラー映画嫌い)、
「人を怖がらせるだけの映画じゃない」と聞いたので、俄然興味をもったのでした。

わたし、澁澤龍彦を愛読してた変な高校生でしたから。
どれもこれもおもしろいって人ではないのですが、
「黒魔術の手帖」「秘密結社の手帖」はおもしろかったので、
本のタイトルにちょっとでも反応した人にはオススメ


続きを読む >>
| 01:31 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画を見たよ。
といっても、映画館ではなくDVDで。
でも、小さな小さなホールとはいえ、
スクリーンで映画を見たのは久しぶりです。

「親子のふれあいなんとか」という会での企画らしく(よく判ってない)、
私は独身ですが、友人が子供を連れて参加するというので、
その付き添いというか…まあ、勢いですね(苦笑)。


映画は、「カーズ」。
子供が多いということもあり、
周りがとても騒がしかったんですが、それなりに楽しめました。
(まあ、3,4歳児におとなしくしてなさいってのも、辛いよね)

前半、主人公マックイーンが気にくわなくてしょうがなかったんですが、
後半、ほろりとくる場面もありました。
渋い大人の男って、かっこよくて素敵(笑)。


久しぶりに映画を見たら、
他のも沢山見たくなりました。
買ったまま見てない映画のDVDが数枚あるので、
次の休みにでも見たいと思います。



ちなみに、今は「華麗なる一族」を見ています。
あまり興味がなくて、最初の3回ぐらい見てなかったのですが、
「鈴木京香を見て!」とお勧めされて見始めました。

ああ、鈴木京香を押す理由が解るわぁ(苦笑)。

あと。
どろどろの世界観にどきどきします。
| 21:18 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画バトン。
三奈原さんから頂きました。
頑張ってみた…けど、これってどうかしら(泣)。

映画は好きだけど、偏ってる自覚はあるので、
おおらかな気持ちで見て頂けると…嬉しいです。


Q01)初めて映画館で見た映画
 何だろ。本気で思い出せません…。
 憶えているうちで一番古いのはアニメの「三銃士」かな。
 (弟が好きだったので、一緒に行った)
 でも、初めてがこの映画じゃないことだけはたしか。
 ああ、思い出せないよう。

Q02)最後に映画館で見た映画
 これも何だったか…(泣)。
 友人と「メゾン・ド・ヒミコ」を見に行こうっていって行けなくて、
 「エリザベスタウン」「ALWAYS〜」も結局行けなかったので、
 …憶えてるので最後って「エヴァンゲリオン」かも。
 どのぐらい前なんだって話(泣)。

Q03)最後に買ったDVD、またはビデオ、またはLD
 「蟲師」のDVD。
 でも映画バトンなので、
 映画のDVD…だと「パイレーツ・オブ・カリビアン」かなあ。
 「ロード・オブ・ザ・リング」の方が後に買ったかも。

Q04)よく見る、または特別な思い入れのある5本
 好きな映画は余韻で長い間楽しめるので、逆にあまり見ない。
 なので、繰り返し見る映画ってのはどっちかっていうと、
 「今の話何?訳判らないんだけど!」てな映画が多い。
 というわけで、思い入れのある作品をあげてみました。

 「スタンド・バイ・ミー」
 同名の曲が好きで、何となく見たのが最初。
 少年時代だけにある瑞々しさとか…なんて言えばいいのかな、
 昔が懐かしいような、切ない気持ちになる映画。
 ぼろぼろ泣いたりはしないけど、泣きたくなる気持ちになる作品。 
 
 「櫻の園」
 これ、実は一度しか見たことがないんだけど、
 いまだにこころに残ってるので書いてみました。
 吉田秋生さんの漫画が原作の、女子校のお話です。
 学生時代のその瞬間にしかない雰囲気とか切なさは
 上の「スタンド・バイ・ミー」に通じるものがあるような。

 「風の谷のナウシカ」
 この映画には説明はいらないよね。
 綺麗事かもしれないけど、ナウシカの言動は凄いなと思う。
 原作の方が好きですが、映画としてはこれでOKじゃないかな、と。
 見たことのあるジブリ作品ではこれが一番好き。
 
 それはいいとして。
 …いい加減トトロとハウルも見るべきか。
 魔女の宅急便も紅の豚もさすがに見ようかな。  

 「サトラレ」
 これも確か漫画が原作の映画。(ドラマにもなったような)
 何の期待もせずにぼーっと見ていて、
 途中から涙が止まらなくなったので選んでみました。
 現実離れした設定のほのぼの映画…というのがあってるのかな?
 なんとなく、好き。
  
 「AKIRA」
 初めて見たときに度肝を抜かれた作品。
 勢いとパワーを感じるので機会があったら是非見てほしい。
 背景、バイク、あと金田のかっこよさにやられる。
 
 あと番外としてドラちゃん映画ね。
 甥御と一緒に見るとうっかりおばちゃんだけ泣いちゃって、困る(苦笑)。
 
Q05)次にバトンをまわすのは…
 すみません。ここでストップです。


今週はナルニアを見に行く予定です。
おもしろいといいなv
| 22:51 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |