西院

ぼんやりまったり徒然日記。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
伊坂さん。
先日部屋の片付けをしていたら、
「死神の精度」という文庫を見つけました。
買ったはいいが、読まないうちに何かの整理してるときに片付けちゃってたようです。

というか。
タイトル買いしたのだけど、
「あ、伊坂さんだった」てことで読めなかったのだ。
伊坂さんは「陽気なギャングが〜」が最初で、
それもタイトルに惹かれてかったのですが、
展開がなのか、文章がなのか、
どうにもこうにも読み進めることができなくて、
弟にあげちゃったという過去があるのです。

「死神の精度」は短編集というか、連作集といえばいいのかな。
現在2話目まで読みました。
これは以前読んだ本と違い、するりと読めます。
死神のキャラが好きだからかもしれないし、
昔と今と、私の好みが変わったのかもしれない。

今なら挫折した「陽気なギャング〜」のシリーズも読めそうな気がします。
以前は新書で購入したんだけど、今なら文庫が出てるかな?
今ならいける気がするので、チェックしてみようと思います。
| 20:25 | | comments(0) | trackbacks(0) |
デルフィニア戦記
最近また読み返しています。

読了後に感想を書いたつもりでいたのですが、
今ブログ読み返したら書いてなかったぽいので、
感想みたいなものを書いてみます。
はっきりとしたネタバレは畳むので、
「興味あるんだけどどんな本なのさ!」ぐらいの方は
畳んだ先を読まないでくださいね。


「デルフィニア戦記」とは、
茅田砂胡さん著のファンタジー小説です。
1993年にC★NOVELSファンタジアで最初の本が新書で発売され、
その後2003年に文庫で発売されました。
どちらも全18巻。
わたしはお値段と置き場所を考えて文庫で購入しましたが、
イラストがとても素敵なので、懐と本棚に余裕があれば新書版を購入してもいいかと。
わたしは結局後日イラスト集(新書で使われたイラストが全部入ってるヤツ)を購入してしまいました。

本編は18冊で終りますが、
登場人物が別の作品で活躍する、続き的な雰囲気の作品があるとのこと。
(「暁の天使たち」「クラッシュ・ブレイズ」がそうだというお話ですが、
どちらも未読なのではっきりは語れない。ただ、物語としては続きではないみたい)


自由戦士ウォルは、追っ手に命を狙われ、絶体絶命の状態の時、
異世界からやってきたリィと出会う。
リィの加勢もあって命を救われたウォルは、彼女とともに故郷デルフィニアに向かう。


ちょっといろいろあるんだけど、
それは本で読んでもらった方がいいので、
ほんとの出だし、概略だけ書いてみた。



物語の流れの中で、
上を上を目指してるときと、そこを維持するとき、
そして上がったり下がったりするときがあって、
個人的にはやはり上をめざしてるときと波があるときがおもしろかったです。

お話の流れの中で必要とわかっていても、
物語の中の登場人物が幸せであろうとも、
平坦なところは自分的にわくわくしなかった。

一番好きなのは、ウォルが目的を成し遂げる前までの、「第1部・放浪の騎士」。
なんだかんだで一番読み返すのは第1部です。



続きを読む >>
| 16:32 | | comments(0) | trackbacks(0) |
3月のライオン。
漫画読んでて、毎週の楽しみ「新参者」見るのを忘れた!
あ、阿部ちゃんごめん(いやおまえがあやまってもな)。

でも、漫画がおもしろかったのでまあいいか。

読んでたのは、羽海野チカさんの「3月のライオン」です。
これ1巻を発売時にすぐ買ったんだけど、
4巻がでてる今まで、1ページも読んでませんでしたよごめんなさい。

が。
結果からいうと4巻出てから纏めて読んでよかったと思う。
数巻出てる漫画を溜めて読むと大概の場合、
「何できちんと読んでこなかったの!」と思うんですが、
徐々に好きになってきたキャラが、4巻でさらにすきになったというか。

島田二階堂の兄弟弟子がかわいすぎる。
てか、なぜ二階堂は巻すすむ事にかわいくなっていくのか(そう?)

終わりを迎えるまでは判らないけど、
わたし、ハチクロよりこっちが好きかもしれない。

次の巻が待ち遠しいんだけど、次は半年ぐらい先かなあ。
その間に、物語を深く知る為の勉強として将棋の本でも買おうかしら。

…この流れ。
ヒカルの碁にはまって囲碁の本買ったのと同じ展開な気が。
| 22:27 | | comments(0) | trackbacks(0) |
待ち時間と本。
病院での待ち時間を潰す為に、
付き添いをするときには本を持っていきます。

本日持っていったのは、
数年前に販売された新書本。
発売された当時に購入し、そのままになっていました。

なってたはずでした。


が。
ページをめくるたび既読な印象。
まだまだ最初の方なのですが、
1ページ読むたび、次のページの展開がわかる。
てことは読んだことあるのかしらと一所懸命考えるんだけど、
どうしてもラストが判らない。

やっぱ読んでないのかな。
それにしては「あ、次○○さん出てくるよ」てのが判るので、
途中まで読んでやめた本なのかもしれません。
そういうことは、よくよくある。

でも、最後まで読んで、
「あ、これ前に最後まで読んだことあった」だったら切ないわ。
| 22:04 | | comments(0) | trackbacks(0) |
たくさんたくさん。
メジャーまだ借りられてなくて、
なんの勢いなのか反動なのか、
たくさんたくさん本を買ってしまいました。

先日届いた中村明日美子さんの最新刊、
その中に収録されている「のんのん」がかわいくて、
毎日一回は読んでます。
中村さんは高校生を描くのがうまいなあ。
青くていとおしいです。
表題作の「あなたのためならどこまでも」も好き。

志水ゆきさんの「是」の最新刊も、ファンブックも買いました。
志水さんは、最初の連載作品から方向性にぶれがなくて、
エロがあるので不特定多数にはオススメできないんだけど、
個人的にとても好きな作家さんです。

「バクマン」の最新刊も買った。
個人的な印象として、最初の頃の勢いがなくなってきている気がします。
が。
作品の中でも主人公達があがいているので、
それがそのまま出ているだけかもしれません。
続きが気になる作品ではあります。

あと、とある連載ものをまとめ買いしました。
本棚のどこに入れよう…。
その本については、全部読み終わったら!
10巻以上あるのでちょっと時間かかる。
| 21:14 | | comments(0) | trackbacks(0) |
買ったり借りたり。
メジャーは貸してもらえることになりました!ひゃほーい♪

で。
今日はザワさんを読み返してました。
おお振り、ザワさん、メジャー(これはこれからだけど)と、
ひとり野球漫画祭り。
今なんとなく野球漫画脳なんだと思う。
というか、スポーツ漫画祭りなのかも。

ザワさんは、台詞のないコマとか、
さりげなく描かれているシーンがツボにはまります。
一度読んだときより、二度目三度目の方がおもしろい気がする。
次巻いつ発売なのかなーと調べてみたら、4巻の発売日が今日でした。
早速ネット注文しちゃった…はは。

次の巻が気になって気になって仕方がないおお振りとかとは違うんだけど、
うーん、…何て言えばいいのかな。
「今日はザワさんどうしてるかな」ぐらいの、
少し離れたところにいる友人の日常のことを思うぐらいの感じで続きが気になります。
ザワさんの腹筋は8つに割れるようになったのかしらとかとか。
(私も腹筋割りたい。でもそれ以前にはみ出す贅肉をどうにかしようね)

| 00:55 | | comments(0) | trackbacks(0) |
野球と漫画。
おお振り届きました。
そのほかに、欲望のままに「高校球児ザワさん」を3巻まで買ってみました。

本日9時まで仕事してて、
空腹で帰ってきたのに、一番先にやったことは漫画読むことなんだぜ!
馬鹿じゃないかしらこの人(泣)。


おお振り14巻はとてもおもしろかったです。
田島は相変わらずかっこいいのですが、
この巻は、三橋がよかった!
かっこいいとかとはちょっと違うんだけど、
1試合1試合、その試合の中でも成長している三橋がいいです。

夢の様な展開のない、
普通にありそうな高校野球の試合がそこにあって、
その展開もすごくよかった。
この漫画の唯一の難点は刊行ペースなのですが、
連載もして、おまけや漫画の書き下ろしもあるのなら、
それは仕方がないのでしょうか。

ただ、現状コミックスと雑誌に2年のタイムラグがあるので、
「続きみたい!雑誌買うか!」
と思っても、話が飛びすぎててわかんないていうのは、
結局雑誌の売り上げに繋がらないんじゃないかなと思うのだ。
今年中に次の巻出て欲しいなと思ってます。あくまで希望。



続きを読む >>
| 23:05 | | comments(0) | trackbacks(0) |
欲望の人。
おもしろい本が読みたいです。


今すごく本が読みたい。
一番読みたいのはワンピの新刊(今出てるのじゃなくて次の)と、
おお振り最新刊なんですが。

おお振り最新刊、もう売ってるんだよね。
でも近所の本屋さんが開いてる時間に帰宅できないので、アマゾンに予約していたのです。
発送はされたみたいなんだけど、届くのは週明けみたい。
うー、今読みたい(わがまま過ぎる)。なので既刊を読み返します。

それ以外にも、とにかく本が読みたいです。
小説は病室でぽつぽつ読んでるので、
漫画が!漫画が欲しいよ!!
| 20:28 | | comments(0) | trackbacks(0) |
悔しかったり嬉しかったり。
随分前から読んでみたいなーと思いつつ、
いつでもいいかーと読んだ本の第1巻がおもしろくて悔しいです。

物語が始まってた頃から知ってたのに、わたしのばかばか!
何故15年前に読まなかったのだ!(そんなに前かよ!というツッコミはなしで)
でも、今でもいい。読めて嬉しいと思えるぐらいおもしろいです。


試しに2巻目まで買ったんだけど、
今晩中には読み切ってしまいそうなので、
近日中に18巻まで大人買いしようと思います。
ついでに、この方の書いてる他の本も買おうかなあ。

タイトルは、全部読み終わってから書きたいと思います。
| 23:59 | | comments(2) | trackbacks(0) |
海堂尊さん。
本を読みました。


まあいっつも読んでるんだけど、
同じ作家の本を4,5日で一気に8冊読むことはあまりなく、
しかもなんだかうずうずしたのでここに書いておきます。

作家さんの名前は海堂尊さん。
本のタイトルは読んだ順に
「ジェネラル・ルージュの凱旋(上・下)」
「チーム・バチスタの栄光(上・下)」
「ナイチンゲールの沈黙(上・下)」
「螺鈿迷宮(上・下)」
全部文庫。

ちなみに、作品発表順は「バチスタ」→「ナイチンゲール」→「螺鈿迷宮」→「ジェネラル」で、以下続刊という感じ。
(「螺鈿〜」だけは田口&白鳥シリーズではないのだけど、白鳥さんがメインキャストで出てくるしシリーズと同じ市が舞台になっています)
※物語が起きた順でいうと(この4作品だけに限る)、「バチスタ」→「ナイチンゲール」・「ジェネラル」(同時)→「螺鈿」。個人的に、発表順よりは事件発生(?)順に読んだ方がいいと思います。参考までに。


最初の「ジェネラル」は待ち時間つぶしに何にも考えずに購入した本です。
ちゃんとみたらシリーズものの3作目だったので、読む気持ちがちょっと萎えたのですが(最初からちゃんと読みたいタチ)、所詮暇つぶし用の本なので…でそのまま読みました。
で、読み終わったあとすぐに「バチスタ」「ナイチンゲール」「螺鈿」を購入しました。
(はまったんだね)

シリーズ1作目でデビュー作が「チーム・バチスタの栄光」です。
映画化もドラマ化もされましたね。
ちなみに作品も未読ならドラマも映画も見てません。
(宣伝でメインキャストの役者さんを知ってたという程度)

「ジェネラル」は、すっごくおもしろかった!というのとはちょっと違うのだけど、心にひっかかる作品でした。
作者が現役のお医者さんてこともあるのか、医療についての描写はしっかりしてて、キャラクターは個性的(漫画的と評している方もいました)。
ただ、シリーズ前提で書かれているせいか、元々「ナイチンゲール」のエピソードも入ってひとつの作品だったからか、これだけだと「?」なところが所々にあります。
(それはわたしが順番逆に読んだのが悪いんだけど)

この8冊の本では、
医療の矛盾とか終末期医療とか死後の医療現場の対応とか、
普段からいろいろと考えてることがたくさん書かれていて、
うんうんうなりながら考えながら読みました。

医療についてわかりやすく書かれているし、
キャラクターもかりやすいぐらい個性的なので、
医療もの読んでみたい、でも難しいのはちょっと…という方にはオススメ出来る作品です。
ここまで書いちゃっていいのかなあなところもあるし、
重点を置いているポイントが偏っている気もしますが、
そこがこの作家さんの突き詰めて書きたいところなのだと思う。
医療の暗い部分や、国から切り捨てられようとしている部分に対するキャラクター達の思いは、現役のお医者さんである作者本人の代弁とも取れる。
(もちろん、キャラの発言と作者の思いが必ずイコールということも無いと思うけど)



ちなみに、「チーム・バチスタの栄光」に続き映画化された「ジェネラル・ルージュの凱旋」は3月公開されるそうです。
「ジェネラル〜」のキーパーソンの速水Dr役、堺雅人さんなんですよね。
田口Dr役の竹内結子さん、白鳥役の阿部寛さんのどちらも作品のイメージと全然違うんだけど(この配役は華やかさをプラスするために原作からあえて外してるのかなと思わなくもない)、速水DR役が堺さんってのは、自分的にはツボにはまる配役です(救命救急センター長というところからいくともうちょっと体格のいい人の方が合うかな?とは思うけれども)
本を読み返しながら、「このシーンを堺さんで見られるのか〜v」と思うとどきどき出来ます。

昨日TV版映画予告のワンシーン見たんですが、そこに出てきた堺さん見て胸がキューっとしました(苦笑)。
ただ、オリジナルな設定がたくさん入ってきているようなので、ちょっと不安だったり。(その台詞は速水さんが言わないと重みがないじゃん!な台詞を別の配役の人が言ってるのを見て悲しくなった)

時間軸真裏の「ナイチンゲール」のエピソードは入るのかな?
歌姫のエピソードなしってのは勘弁して欲しいわと思ってるけど、多分そのあたりはオリジナルストーリーで潰されそう…。
| 00:24 | | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2 | >>